【コンプレックスを解消】目立ついぼを手術で除去しよう

レディ

いぼの手術内容

顔を触る人

いぼを無くすためには

いぼの手術には保険適応と保険適用外があります。まず保険適応の手術として挙げられるのが、液体窒素による冷凍凝固です。保険適応の手術の中では最も一般的な方法で、初めて治療を受ける方の大半がまずは冷凍凝固を受けます。液体窒素を浸した綿棒でイボを冷凍凝固し、冷凍により皮膚に炎症が起こります。すると、体の免疫が活性化しいぼが取れやすくなります。治療を受けてすぐは水袋のように膨れた状態が続き、時間が経つと黒く変色していきます。そして1週間から2週間程度でかさぶたになったところが剥がれ落ちるので、また治療を受けにいきます。何回か繰り返すことで芯にあるウイルスを殺し、再発したり他の箇所に移ることを防ぎます。こちらのいぼの手術は、医師によって痛みが異なりますが、強く焼いてもらった方が早く治る場合が多いです。続いて保険適応のいぼ治療として挙げられるのが、漢方薬でハトムギエキスのよく苡仁内服を飲むことです。なぜ漢方薬を飲むことでいぼが小さくなるのかと言うと、ハトムギエキスには免疫を高める効果があるからです。いぼが出来やすい人の特徴として、疲れやすく免疫力が弱いことが挙げられます。ハトムギエキスを飲むだけで効果がでたという方もいるほどです。しかし、基本的には他の治療にプラスして飲むことでより早く効果を実感することが可能なので、これだけでいぼが完全に無くなると思わない方が良いです。また、錠剤と粉末があり、お子様、ご高齢の方も内服することが出来ますが、ハトムギは子宮を弛緩させる働きがあるので妊娠中は内服できません。続いては保険適応外の手術で、炭酸ガスレーザーがあります。液体窒素では取れない頑固ないぼに効果があり、顔面や頸部では直径0.5mm、1mm、1.5mm、2mmといった非常に小さく限定された領域をレーザー照射することが出来ます。また、液体窒素は治療後に炎症後色素沈着をする恐れがありますが、炭酸ガスレーザーの場合は最小限に抑えることが出来ます。顔、頚部、胸などに多発する小さなイボの治療に適しています。自分がどの治療に適しているのか、医師と相談しながら決めることをおすすめします。