【コンプレックスを解消】目立ついぼを手術で除去しよう

レディ

いぼを効率よく除去する

ドクター

いぼを短期間で治療する方法

首周りやデコルテを始め、顔など皮膚が薄くデリケートな部位は小さないぼがポツポツと出来やすい特徴があります。いぼは健康上は問題がない良性の腫瘍なのでそのまま放置してもいいですが、見た目が悪くなることや放置することでどんどん数が増えてしまう危険があるので、もっと早めに対策をとりたいと思っている方も少なくありません。いぼの除去治療は皮膚科や美容整形外科を利用して治療を受けることが可能です。保険診療内の治療であれば液体窒素による冷凍凝固法を利用していぼを除去します。やり方は綿棒に液体窒素を含ませて、いぼが目立つ部位に押し当てて低温やけどをさせます。そうすることでいぼ自体を壊死させて、かさぶたの状態にすることで時間の経過と共に自然と剥がれ落ちる仕組みです。ただ完全にかさぶたが取れるまでに時間がかかってしまうことや、繰り返し治療を行うことで肌に負担がかかってしまう恐れがあるため首元に色素沈着の跡が出来やすくなるデメリットがあります。そこで少しでも短期間で治療を終える方法として美容整形外科で受けられるいぼを除去するレーザー手術が人気になっています。レーザー治療の最大のメリットは、小さないぼもピンポイントでレーザーを照射することが出来るので、周りの皮膚にダメージを与える心配が無いことです。皮膚のギリギリのラインでレーザーが削っていくので、治療にかかる時間も短く複数ある場合も一度の手術で完了させることが出来ます。手術を行う際には必ず医師のカウンセリングを受けるので、数や肌質に合わせて適切な治療方法を決めてから実際に手術に入りますし、大手のクリニックなどは万が一肌トラブルが起こってしまった場合に対応するサポートサービスも受けられる仕組み担っているので、初めて医療施設で美容治療を受けようと思っている方でも安心して手術を受けることが可能です。手術とはいっても大掛かりな治療は行いませんし、治療後におこる肌の腫れや赤みも一時的なもので1〜2日ほどすると落ち着いてくるのでデリケートな部位の治療も安心して受けることが出来ます。