【コンプレックスを解消】目立ついぼを手術で除去しよう

レディ

いぼ治療にはいくつかある

カウンセリング

いぼの治療は手術以外にもある

いぼができると放置してしまうこともありますが、ウイルス性のものはうつるため早めに治療をする必要はあります。いぼの治療というと手術をして取り除くのではと考えて、皮膚科など病院の受診を躊躇することもありますが、皮膚科でいぼの治療をする場合は手術は殆ど行われることはありません。特にウイルス性のいぼの場合には手術でウイルスを取り除くことができないためですが、足の底に古く固くなったもので液体窒素では治らない場合には手術を行う可能性はあります。いぼのウイルスは健康は皮膚には感染しませんが、小さな傷があるとそこから皮膚に入り込み感染します。できたいぼを取り除く治療にはいくつか選択肢があります。手術以外では液体窒素があります。液体窒素は保険適用ででき、液体地租を浸した綿棒でイボを冷凍凝固し、冷凍によって炎症が起こって体の免疫が活性化して取り除きます。治療は痛みを伴うこともありますが確実に取り除くことができる方法です。顔などにできたものは液体窒素で治療すると色素沈着を起こす可能性があるので部位によっては他の治療法を選択することもあります。ヨクイニンを内服する方法もあります。ヨクイニンはハトムギのエキスで漢方薬で、毒性などはなく安全性な薬です。通常の治療は液体窒素と併用しますが、子供や高齢者などでも内服できるためヨクイニンを内服する治療になることもあります。炭酸ガスレーザーは保険適用外ですが、いぼを炭酸ガスレーザーで蒸散させて取り除きます。炭酸ガスレーザーを使う場合は液体窒素で治療が難しい場合や顔などに多発するイボに使われます。また首回りなどに数多くできた場合で通院は1回で全て取り除きたいという場合にも炭酸ガスレーザーは適している治療法です。他に注射で治療をするクリニックもあります。注射は効果的ですが痛みがあり高額な治療ですが、注射をしてイボのDNA自体に損傷を与えてウイルス性のものにこれ以上大きくならないようにします。さらに有効成分をいぼの周りに注射することで生き残ったウイルスがさらに奥に広がるのを防ぎます。いぼは手術以外にも治療で選択できることがいくつかあります。良性のものもありますが他の人にうつるようなウイルス性のものもあるので、早めに皮膚科やクリニックを受診することが良いことです。